無印リフィルノートが最高¦ルーズリーフさえあれば大学ノートに!

f:id:mimeca:20211211085221p:plain

無印良品で購入した「リフィルノート」なんですが、リングノートとリングファイルの中間みたいな画期的なノートですごいんです!

今日はその無印良品のリフィルノートのレビューをしたいと思います。

 

 

無印リフィルノート¦値段・サイズ展開と基本的な使い方

f:id:mimeca:20211201145927j:image

こちらが私が使用している無印の「リフィルノート B5 26穴」で、一般的な大学ノートのサイズと同じです。

一般的な大学ノートと違うのは表紙のみであるということ!

バインダーのようにリング部分がパカっと開いて、中にルーズリーフを入れて使用することができます。

 

値段とサイズ展開

リフィルノートの本体価格は一般的なノートよりは価格が高めですが、ルーズリーフを繰り返し使えると思えばコスパはよいと思います!

サイズ 穴数 値段(税込)
A5(家計簿) 20穴 250円
B5(大学ノート) 26穴 290円
A4(コピー用紙) 30穴 390円

また、表紙のカラー(種類)が

  • ポリプロピレン
  • クラフト・黒(A4は現在なし)
  • クラフト・茶(          〃         )

と3種類展開になっています!

実物を見た感じポリプロピレンは中身が透けそうだったので、透けたくないならクラフトタイプがおすすめです。

 

基本的な使い方

f:id:mimeca:20211202080551p:image

使い方はとっても簡単で対角線上に引っ張るとリングが真ん中からパカっと開きます。

左右に引っ張っても不思議と開かないので、間違って開いてバラバラになった…なんてこともなさそうです!

f:id:mimeca:20211202080601p:image

閉じる時はリングを持って何ヶ所からか真ん中方向にカチッカチッと閉じると簡単にハマるので使いやすい。

f:id:mimeca:20211202075824j:image

3ヶ月ほどヘビーに使っていますが、かなりタフで壊れそうな感じはまったくないです。

最大40枚までと記載さていますが、実際もう少し閉じられそうな気がしています(自己責任でお願いします)。

 

無印リフィルノート使い方①勉強用に普通のルーズリーフと合わせて

f:id:mimeca:20211202074528j:image

勉強ノートとして使用したいときには、ルーズリーフを使う人が多いかと思います!

もちろん他のメーカーのルーズリーフとも互換性があるので、無印良品リフィルノートの「B5サイズ」を購入すれば大丈夫です。

無印良品にもルーズリーフは販売されていますが、100均などのルーズリーフを使用している方も安心ですね!

 

無印リフィルノート使い方②A5は家計簿にアレンジ可能

f:id:mimeca:20211202080616p:image

引用 無印良品

無印リフィルノートのA5サイズに限ってなのですが、家計簿やスケジュール帳などのルーズリーフの種類が豊富。

これなら1年以上長期的に保存できたり、スケジュール帳と家計簿をミックスしたオリジナル手帳にアレンジしたりと幅が広がります。

他のサイズのルーズリーフの種類もA5サイズと同じように販売してくれるとなおいいのですが…。

 

無印リフィルノート使い方③インデックス(仕切り)と活用

f:id:mimeca:20211202080632p:image

引用 無印良品

無印には、カテゴリごとに分けられるインデックス(仕切り)も各サイズごとに販売されていました。

サイズ 枚数 値段(税込)
A5(家計簿) 5枚 120円
B5(大学ノート) 5枚 150円
A4(コピー用紙) 5枚 190円

勉強の科目ごと、カレンダーなら月ごと、などなど自分が好きなようにカスタマイズできます!

これは大学ノートではできない技なので嬉しいですよね。

 

リフィルノートは繰り返し使える。少しでもサスティナブルな選択を。

真ん中がリングで止められている「リングノート」のリングは燃えないゴミ。

燃えないゴミは最終的に埋め立てられると言われています。

できるだけ燃えないゴミは出したくない・・・。

無印良品の「リフィルノート」はノートを終えたら古紙としてリサイクル。

真ん中のリングは壊れるまで何度も使いまわすことができます!

少しでも、ゴミを減らす選択をしたいです。