洗濯はセスキだけ!すすぎ回数や使い方まとめ。つけ置きありなしも比較

f:id:mimeca:20211211085619p:plain

洗濯には洗濯洗剤は使わず「セスキ炭酸ソーダ」のみで洗濯をしています。

セスキ炭酸ソーダは重曹・クエン酸と並ぶナチュラルクリーニングシリーズのひとつ。

セスキのみでの洗濯を知ったら洗濯洗剤には戻れません!すごく快適!

我が家の方法をまとめたいと思います。

 

 

セスキ炭酸ソーダだけで洗濯【つけ置きありVer.】

セスキ炭酸ソーダは市販の洗濯洗剤のように投入してすぐに効果を発揮するのではないので、つけ置きを推奨します。

時間がないときと冬場寒いとき以外、我が家の方法はだいたいコレ。

手間は少しかかりますが、衣類の傷みの軽減・節水にもつながっていると思います。

 

30分から一晩つけ置き

f:id:mimeca:20211001081448j:image

バケツや樽に水を張り、小さじ1〜2程度(触ると手がぬるっとするくらい)のセスキ炭酸ソーダを入れてつけ置き。

うちは、無印良品のポリプロピレンボックスに入れています。

 

水はお風呂の残り湯でも良いんですが、皮脂汚れなどで水が酸性に傾いているとセスキ炭酸ソーダを入れることで中性に中和されるだけなので、水道水の方がおすすめです!

 

軽く水で流し洗濯機へ

f:id:mimeca:20211001081614j:image

30分から一晩漬けたら、軽く洗いながら絞って洗濯機に入れます。

f:id:mimeca:20211001082126j:image

一晩漬けただけでこんなに汚れが浮いていました…!(臭いも若干します)

良くも悪くも、全自動の洗濯機では実感できない汚れを目の当たりにできます。

 

すすぎ1回→脱水

ここからは、洗濯機の出番!

個別にコースやすすぎ回数等を設定してください。

f:id:mimeca:20211001081632j:image

次男の手が写りこんでいますが、洗いはせず

  • すすぎ 1回(不安な人は2回)
  • 脱水 3分(一番短い)

を洗濯。

ちなみに「注水すすぎ」が出るのなら「すすぎ」を選びます。

注水すすぎとは?

水を洗濯槽に貯めてすすぐ「ためすすぎ(通称すすぎ)」に対し、ずっと注水をしながらすすぐのを「注水すすぎ」と言います。

しっかりすすげる反面、水の使用量はためすすぎの2〜5倍にもなるらしいです!

 

セスキ炭酸ソーダは泡がたたないし、つけ置きで汚れをしっかり浮かせて落としているので基本的にすすぎは1回で大丈夫かと。

私の洗濯機はすすぎ1回→脱水で合計たったの16分で洗濯が終わります。

 

普通に干す

脱水が終わったら普通に干します。

f:id:mimeca:20211001081646j:image

「洗い」が少ない分、衣類の傷みも少ないように感じています!

気になる汚れ落ちや臭いもバッチリ◎

臭いに厳しい夫も文句なしです。

 

乾燥機

ちなみに、我が家はドラム式洗濯機なので雨の日は乾燥機を利用します。

臭いも全く問題ありません。

 

セスキ炭酸ソーダだけで洗濯【つけ置きなしVer.】

上記で紹介したつけ置きの方法は、樽から洗濯機に移したりと多少手間暇がかかります。

時間のない時、寒いときなどはそのままセスキ炭酸ソーダを洗剤代わりとして洗濯することに。

 

全自動洗濯にお任せ

全自動洗濯機の粉洗剤投入口にセスキ炭酸ソーダを入れて通常通り洗濯するだけです。

 

汚れ落ち検証

試しにつけ置きなしの洗濯を1ヶ月続けましたが、臭いも気になりません。

実験として、長男が幼稚園で汚してきたランチョンマットをそのまま洗濯機に入れてみました。

おっっ、きれいに取れています!

これはつけ置きにこだわらなくてもいいのでは?となりました…。

 

デメリット

ただ、やはり衣類の傷みと水道代が少しだけ上がった気がしたので、「エコ」という観点で考えるとつけ置き洗いが一番良いのかなと思いました。

そればかりはどこまでこだわるか人それぞれかも。

 

セスキ炭酸ソーダが洗濯に向いている理由3つ

セスキ炭酸ソーダでの洗濯方法を紹介しましたが、本当に洗濯に使用して大丈夫なの?と思う方もいるかと思います。

が、セスキ炭酸ソーダはナチュラルクリーニングで使う重曹や過炭酸ナトリウムやクエン酸の中で一番洗濯向きだと私は思っています。

 

アルカリ性が強すぎず弱すぎず

f:id:mimeca:20211001093716p:image

セスキ炭酸ソーダは重曹以上過炭酸ナトリウム以下のアルカリ性なので、日常的な皮脂汚れを落とすのにはピッタリ。

ひどい泥汚れなどは個別にこすり洗いが必要ですが、これは普通の洗濯でも同じことですよね!

一般的な洗濯洗剤は界面活性剤を使って汚れを分解しますが、セスキ炭酸ソーダは酸性汚れをアルカリ性で中和して汚れを落とすので環境にも負担が少ないです。

 

常温で溶ける

f:id:mimeca:20210930225548p:image

過炭酸ナトリウムで洗濯をする方もいますが、過炭酸ナトリウムが威力を発揮するのは40〜50℃と高めなので、残り湯なら良いにしても水道水での洗濯には向きません。

その反面、セスキ炭酸ソーダは水に溶けやすい性質を持つため、水から洗濯する家庭にもピッタリ。

また、洗剤と違って泡がたたないのですすぎが1回でOKと衣類に負担がかからないのも◎

 

つけ置きだけで汚れが浮く

f:id:mimeca:20210930225558p:image

セスキ炭酸ソーダが洗濯に向いていると思うのは、つけ置きだけで汚れが浮いてくる点です。

重曹は研磨剤の特性を生かし、過炭酸ナトリウムは化学反応を用いて汚れを落とすんだそうです。

セスキ炭酸ソーダはというと、マイナスイオン(アルカリイオン)が汚れや衣類に着き、それぞれに着いたマイナスイオン同士が反発して汚れが浮いてくるという仕組み。

イオンをうまく使った安全性の高い成分だと思っています。

 

セスキ炭酸ソーダのコスパ良はこちら¦まずは100均から始めても◎

セスキ炭酸ソーダだけでの洗濯はほんとに快適です。

無臭すぎて、柔軟剤の匂いが逆に嫌いになっています…。

セスキ炭酸ソーダは100均にも売っていて1ヶ月近くは持ちます。

お試しをするなら、まずは100均で。

長期的にセスキ炭酸ソーダを洗濯で使うなら5Kgで1,865円+送料660円が最安値。

 

100均はだいたい220gで110円なので、5kg入り以上でないとコスパ変わりません。

購入してもう半年近くたちます。

洗剤のゴミも減るし、環境にも優しいので続けていきたいです!

▽衣類は2枚のローテーションなので消耗が早い分、できるだけ長持ちできるよう心がけています。

www.yulunachu.com

 

▽食器洗剤を固形石鹸にかえました

www.yulunachu.com

 

▽本当に必要なのか考えるべきものも多いとおもっています。

www.yulunachu.com

▽シャンプーもやめて1年ちかく!

www.yulunachu.com